マルマン コンダクターLX SPSS アイアン

生産年式 1984年

マルマンのゴルフ業界への参入は1970年代初頭で、意外にも古参だ。会社組織としては事業形態を変えながら現代に残り、モデルの問い合わせにも、状況によっては資料を提供してくれる。最近、ネーミングが復活したコンダクターPro-Xのプロモーション資料によると、このモデルの登場が1984年、初めてのコンダクターモデルであることが伝えられている。SPSSとはSame Point Sweet Spot、すなわち全番手が同じ重心位置に設計されているということだ。ウィルソンに似たアプローチで、様々な科学的で斬新なアイデアを次々と取り入れていくが、このモデルはその走り、ごく初期の頃のモデルだ。後にXシリーズとクラシックシリーズなどとモデルが細分化され、系列化もされるのだが、当時のマルマンは、ラインナップが豊富で、すべてに異なるアイデアを形態を変えて取り入れていた。LXはそのモデルラインナップの基礎となるモデル、取り立てて特徴をあげるなら、ヘビーパナジウムシャフトの採用があげられるが、80年代の平均的なモデルだ。



このモデルに関する主なブログ記事へのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム - 国産物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは国産を集めています。輸入ブランドは、別ベージへのリンクで。趣味でいろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようで、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。またオークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁とします。

0コメント

  • 1000 / 1000