ゼット アルカディア ザ・プロⅢ アイアン

生産年式 1980年後半(推定)

現在では野球用品の大手であるゼットが、過去にゴルフ用品も生産していた。1980年後半には杉本英世プロとの契約でゴルフクラブのみならず、総合的な用品を販売していた。アルカディアもゼットのゴルフ用品に共通したネーミングだ。このプロ3というモデルは、1988年の年鑑カタログに掲載があるが、プロ1が敢えて言うならばスポルディングのイメージがあるデザインで、プロ2はパワーバーデザイン。即ちウィルソン的で、このプロ3は見ての通りマクレガー985に似たモデル。当時はノウハウもなく、しかし商機を逃さんとしたメーカーのゴルフ参入の陰には、長きにわたり生産に従事していた中小メーカーのノウハウがあり、こういったシリーズも、そうした中小からの持ち込み企画が多かったといわれる。当世流のアレンジとして、長めのブレードで、ホーゼルも低い デザイン。ソールから見るトウ側へのウェイトも抑えられているが、中高重心で伸びのある低い弾道のモデルとされるのは、このスタイルに共通したメディアのコメントだ。現在に残る組織に詳細を問い合わせたところ、1991年のカタログをお送りいただいた。それによるとプロIは杉本英世プロのモデルと告知されており、また、プロIIIのデータがあったので、記録として写真下に転載する。


1991年のカタログデータ

番手 ロフト ライ ダイナミックゴールド R 38.5~38.0 D0 S 38.5 D-1

2番    20    58.5

3番    23    59.5

4番    27    60.0

5番    30    61.5

6番    34   62.0

7番    38    62.5

8番    42    62.5

9番    45    63.0

PW   48    63.0

SW   53    63.0

このモデルに関する主なブログへのリンクを掲載しています。


古鉄ミュージアム - 国産物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは国産を集めています。輸入ブランドは、別ベージへのリンクで。趣味でいろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようで、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。またオークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁とします。

0コメント

  • 1000 / 1000