アルカディア プロフェッショナル

生産年式 1980年代前半(推定)

現在では野球用品大手のゼットによるクラブだ。ゴルフへの参入が1983年頃との資料を確認しているが、シャフトがトゥルーテンパーのダイナミックで、アンカー止めななどの仕上げを見ると、その初期のモデルと思われる。ノウハウのないメーカーの参入初期には、常とう手段の一つとして、成功しているモデルを参考にすることはよくあることで、このモデルを概観すると、ウォルターヘーゲンのフォルムが連想される。または、ヘーゲンそのものが本来ウィルソンであることからも、ウィルソンのX31などにも連想される部分がある。ただ、バックデザインにあるZを囲んだロゴとモデル名の刻印は、70年頃のヘーゲンを明らかに意識している様子がうかがえる。ブレードのデザインもその通りで、ただし、10年以上のギャップはブレードが低く長くなるなど、順当な進化版だ。80年代後半には、昨今殿堂入りした杉本英世プロとの契約で、現在の野球用品にも残るアルカディアブランドを、ゴルフの分野でも大きく展開していた。


このモデルに関するブログへのリンクです。



古鉄ミュージアム - 国産物編 -

ブログで楽しむゴルフの古道具資料館。こちらは国産を集めています。輸入ブランドは、別ベージへのリンクで。趣味でいろいろ調べたデータを集めて、ただ並べてみた。明記しないと理解いただけない方もいるようで、画像、コピーとも無断転載は厳禁です。またオークションや中古品販売の商品説明など、商用目的でのリンクなども厳禁とします。

0コメント

  • 1000 / 1000